ビタミンC誘導体はイオン導入がおすすめです

ビタミンC誘導体は体内の酵素反応でビタミンCになりニキビ跡に作用します。
しっかり皮膚に浸透させるため、ピーリングで角質を除去してからイオン導入をするのが効果的です。

ニキビ跡があるとピーリングで表面を平らにしたいと思う人が多いようですが、
実際はそうではなく、ピーリングをすることで皮膚を覆っている角質層を少しきれいにしてからイオン導入するのです。
中にはイオン導入が逆効果の人もいますので、気を付けたほうが良いです。

日焼けや生理前は皮膚が敏感になって,何とか正常化しようと組織が頼りない無理なスクラムを組んで頑張ります。
するとビタミンC誘導体さえも太刀打ちできず、結果的には外からの侵入者扱いとなりニキビ跡にはほとんど力を発揮できないのです。

以前エステシャンをしていましたが、ニキビ跡を直したくて来店された方へはビタミンC誘導体のイオン導入をおすすめしながら、毎回肌の状態をしっかりカウンセリングしてから行いました。

また、イオン導入後はあまり強い効果のある美容液は使わず、他をシンプルにするのがよりニキビ跡への作用を最大限にするために効果的と判断していたからです。

ニキビ跡は年齢が上がるとターンオーバーのサイクルが長くなり、ますます治りにくくなります。

食生活などに気を使い、新しくできないようにする、もし気になったらできるだけ早くエステに出向きイオン導入でビタミンC誘導体を浸透させましょう。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク