赤ニキビができる原因と対処法

akaniki

赤ニキビができると目立ってしまったり跡が残ったりとあまりいい気持ちはしないですよね。
そんな赤ニキビがなぜできるか原因を紹介していきたいと思います。

まず原因としては分泌される皮脂の量が多いために発生すると言われています。
皮脂は肌の乾燥を防いだり潤いを保つなど重要な役割があるのですが、
この皮脂が多くなってしまうせいで毛穴の中に皮脂が大量に詰まってしまい、
その皮脂にアクネ菌といわれる菌が増えていき、炎症が引き起こされる事により赤ニキビができてしまいます。

皮脂が多く分泌されてしまう原因としては普段からの生活が影響してきます。
夜遅くまで起きて朝は学校や仕事のギリギリに起きる生活での睡眠不足や、
食事の際に野菜などをバランスよく取らず脂質が多く含まれているものばかりを食べているなどが考えられます。

他にも顔の脂が多いと感じて必要以上に洗顔を行ってしまい顔の皮脂を取りすぎて、肌が乾燥状態になってしまいそれを防ごうと皮脂が多く出てしまう事も考えられます。

そんな赤ニキビを作らないような対策としては、まずは規則正しい生活をしましょう。
しっかりと睡眠を取ることで免疫力を高めニキビが出来ずらい体を作り、食事にも気を遣うようにし脂ものばかりにならないように気をつけ、ビタミンがニキビに対して有効なので野菜などから摂取し厳しい場合はサプリメントなどでも補給することが出来ます。

洗顔をする際も肌を傷つけないように優しくそして素早く皮脂を取りすぎないように気をつけ、洗顔後には化粧水などでお肌をケアしてあげるといいです。
このように注意して赤ニキビを作らないようにしましょう。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク